ウオノメには火鍼がいいみたい。|東大阪市で女性専用鍼灸院なら鍼灸 宙~ソラ~へお任せ下さい。

施術時間
月~金 10:00~18:00(最終受付)
土 10:00~15:00(最終受付)
※時間外応相談
定休日
日曜・祝日
第1、3水曜
(祝日:不定)

0667853403

予約フォームはこちら

ブログ

ウオノメには火鍼がいいみたい。

鍼灸日記 

パスタやパンなどに含まれるグルテンを摂取すると、おなかの調子が悪くなるというOさんから、

先日スペルト小麦について教えていただいた。

 

スペルト小麦は普通小麦の原種にあたる古代穀物で、人工的な品種改良がほとんど行われておらず、

小麦アレルギーを発症し難いということ。(グルテンフリーではないので注意!)

 

そのため、通常の小麦を使ったパンなどはダメでも、スペルト小麦のパンはなんとか大丈夫ということで、

お家でスペルト小麦のパンを焼いたりされているそうだ。

 

調べてみると、スペルト小麦100%のパンを扱っているパン屋さんはちょこちょこあるようだ。

早速チャレンジしてみたい!と思った。

さて、左足の親指にウオノメがあったYさん。

少し外反母趾気味なので、靴をはくとちょうどあたるところにウオノメができたらしい。

 

ウオノメは足の指や裏の角質が分厚くなって芯ができ、そのために痛みが出てしまう。

そのまま放置していると、歩き方も悪くなり、腰痛などにつながることもある。

 

Yさんの場合、貼るタイプの軟膏は苦手だったので、鍼灸で何とかならないかと思ったそうだ。

何度か火鍼を行ったところ、最近「いつの間にかきれいになくなってました」と喜ばれた。

火鍼とは、火で赤く熱した特殊な鍼を刺すことによる刺激と皮膚への温熱刺激の両方が

得られる治療法のことである。

 

以前はお灸でウオノメを取ることもあったが、時間がかかってしまうのが難点だった。

その点、火鍼はお灸よりスピーディーだなと感じている。

 

ページトップへ戻る