刺絡、そしてカッピングのことを少し。|東大阪市で女性専用鍼灸院なら鍼灸 宙~ソラ~へお任せ下さい。

施術時間
月~金 10:00~18:00(最終受付)
土 10:00~15:00(最終受付)
※時間外応相談
定休日
日曜・祝日
第1、3水曜
(祝日:不定)

0667853403

予約フォームはこちら

ブログ

刺絡、そしてカッピングのことを少し。

刺絡 

兵庫陶芸美術館(丹波篠山市)で開催中の「恋する古伊万里―かたちとデザインの魅力―」へ行ってきた。

江戸時代に生み出された伊万里焼(いわゆる古伊万里)を現在の私たちがみても、

「これいいね~かわいい!」と思える器がたくさんあって、なかなか楽しめた。

隣にいた20代ぐらいの女性たちも「かわいい~!!」を連発していたのが、とても印象的だった。

さて、いわゆるカッピング(ドライカッピングといわれることもある)は鍼灸院だけでなく、

エステサロンなどでも行われている。

これは吸い玉を使って皮膚は吸引するが、鍼を使用しないこと、また血液を引っ張らないためである。


一方、刺絡は流れが悪く滞った瘀血(おけつ)を専用の鍼や吸い玉などを使って、

皮膚から取り去る療法のことをいう。

吸い玉を用いる場合、陰圧状態で血液を吸引するので、ウェットカッピングとよばれることもある。

 

なお、刺絡は瘀血を取り去るので、血のめぐりの改善を促し、回復力アップにもつながる。

また、即効性や施術の持続性にも好評な治療法である。

 

井穴刺絡といって、手足の指先にあるツボから瘀血を取り去ると、途端に手足がかゆいと

言う人がいるが、これは末梢循環障害の改善を助けるためである。

それゆえ、治療後、ピアノを弾く手がとても軽いと喜ばれたりする。

 

また急に背中が痛くなった人に刺絡をしたところ、治療後触られても、どこが痛かったのか、

分からなくなったということがあった。

もちろん個人差はあるが、急性のものは慢性の痛みより効果が表れやすいと感じている。

ページトップへ戻る